トップへ » 当院が選ばれる理由

【当院の理念1】無痛治療。小さなお子さまも安心してご来院ください

無痛治療「歯医者はこわい」と治療をためらっていた方や、小さなお子さまも安心してご来院ください!当院では「痛くない、やさしい治療」を心がけております。患者さまの歯を大切に考え、神経や歯を極力抜かずに、なるべく短期間で治療を終わらせます。

【無痛治療への取り組み1】電動注射器
電動注射器麻酔の注射をする際に、この電動注射器を使うと、ゆっくりと一定した速度で注入することができますので、注入時の痛みをやわらげることができます。

【無痛治療への取り組み2】「針のない注射器」シリジェット
シリジェットシリジェットとは、「針のない注射器」のことです。仕組みとしては、歯肉の表面に麻酔薬をジェット噴射させて、歯や歯肉を麻酔します。そのため、チクッとするような注射の痛みがありません。しかも、すぐに効き目があらわれます。麻酔薬の使用量は従来の10分の1程度です。

※ただし、症例により、従来の麻酔を使用する場合もございます。

【無痛治療への取り組み3】最新レーザー治療での治療を行います
最新レーザー治療レーザー光はほんの一瞬照射するだけなので、麻酔をしなくてもほとんど痛みを感じません。しかもすばやく治り、きれいで健康的な歯肉に回復します。更に血液中のヘモグロビンを活性化しますので、滞った血流を改善し、炎症部分の回復、ならびに疼痛の緩和に効果があります。

レーザー治療を行うのは以下のような症状です。

●1.歯周病や親知らずが原因で、歯肉が赤くなったり、腫れたりしたとき
●2.歯肉にウミを持っているとき
●3.口内炎などがあるときや、歯の神経を治療したとき

・特に副作用はありません
レーザー光を歯や歯肉に当てても特に副作用はありません。レントゲンのような放射線は含まないため、身体に有害な影響を与えることもありません。また、身体に電気を通すこともないので、心臓に持病のある方やペースメーカーをご使用の方、高血圧の方、妊娠中の方でも安心して治療を受けられます。

※レーザー照射の際、少し熱く感じたり、チクチクすることがあります。

・歯肉のメラニン色素沈着もきれいに治ります
歯肉がメラニン色素で茶色くなった場合も、レーザーできれいに治療できます。部分ごとに分けて治療するため、お口全体のときは数回の通院が必要です。

※この治療には健康保険は適用されません。自費治療となります。

【当院の理念2】極力、歯を抜かない方針で治療を行います

歯を抜かない方針当然ですが、自分の歯に勝るものはありません。当院では、ミニマム・インターベンションの理念に基づき、極力、歯を抜かず、今ある歯をできるだけ残す方針で治療を行います。

ミニマル・インターベンションとはなんですか?
ミニマル・インターベンション(Minimal Intervention。略して「MI」)とは、人の身体に対する治療を最小限にする医療の概念で、歯の治療では、「歯を抜いたり、削る量をできる限り少なくして、今ある歯を極力残す」考え方をいいます。

ひと昔の治療では、虫歯になってしまったり、詰め物を歯に密着させる場合は、「歯を削って詰める」ことが歯科治療の常識とされてきました。

そのため、

⇒虫歯が再発するたびに歯を削り続け
⇒さらに悪化すると神経を取ってかぶせ物をし
⇒最終的には抜歯という処置が行われてきました。

虫歯によって細菌汚染されるエナメル質や象牙質を徹底して削り、虫歯が深い場合は神経を取り、虫歯の感染を防ごうとしてきたため、虫歯治療によって、歯の大部分を失ってしまう状態だったのです。

当院の取り組み
歯を抜かない方針歯は一度削ってしまうと、二度と再生することはありません。当院では、患者さまの生まれ持った歯を守り、歯の寿命を長くすることが最も大切だと考えます。そのため治療に当たっては、

●1.虫歯にならないための予防
●2.虫歯になってしまっても、二度と虫歯にならないように極力、削らない治療
●3.治療した歯・お口全体の健康を保つためのメンテナンス

をつねに心がけております。

ミニマル・インターベンションでは以下のようなメリットがあります
○歯を削る量が少なくてすむので、自分の歯を守ることができる。
○詰め物の接着方法や新しい歯科素材の開発が進んだことで、歯と詰め物の境目がほとんどなくなり、虫歯の再発する可能性が低下。
○白い詰め物を使うため、自分の歯と見分けがつかないほど仕上がりがきれい。
○金属を使わないので、金属アレルギーの患者さまでも安心。
○従来の審美治療に比べて、低価格で治療が可能。

【当院の理念3】歯の神経を大切にします

歯の神経当院では、歯の神経をなるべく取らずに、残す方針で治療に行なっています。なぜなら、それが歯の寿命を延ばすからです。

もちろん、ひどい痛みがある場合は別ですが、歯の神経を取ってしまうと、

●歯をかなり削らなければなりません。
●歯への栄養の供給が行われなくなるのでだんだん歯がもろくなり、歯の寿命は短くなります。
●神経を取って痛みを感じなくなると、次に虫歯になったときに虫歯の悪化がわからなくなってしまいます。

以上のような理由から、歯科治療の際は、できるだけ歯の神経を残すように治療を行なうのが望ましいのです。

当院ではぎりぎりの症状の場合でも、できる限り歯の神経を残すよう努力します
虫歯が神経と接する深いところまですでに達していると、歯の柔らかくなっている部分を取り除いただけで、神経が露出してしまう場合があります。

そこまで悪化すると神経を残せる確率もかなり下がってしまうのですが、当院では、そんなぎりぎりの症状の場合でも、できる限り歯の神経を残すよう努力し、患者さまお一人お一人に見合った最善の治療法で対応いたします。

【当院の理念4】できるだけ短時間で治療が終わるよう心がけています

短時間で治療が終わる当院では、患者さまの時間を無駄にしないよう、できるだけ短時間で、効率よく治療が終わるように心がけています。そのために、予約をお取りして計画的に治療を進めています。

短時間での治療により、以下のような状況を防げます
●時間のとりにくい多忙な患者さまが、歯が痛い、歯肉が腫れているなどの症状が出ているのに、我慢して症状が悪化すること。
●年配の患者さまや身体の弱い患者さまが、長時間、口を開けての歯科治療で疲労したり、身体に負担をかけること。
●お子さまが、長い間チェアーに座ってストレスを感じること。

予約制のため、すぐに診察いたします
予約をお取りすることにより、長い時間待ったのに治療時間はあっという間、といった心配が解消され、患者さまにはご好評をいただいています。

院内では、患者さまをお待たせせず、すぐに診察させていただきます。そのため、患者さまにおかれましては、予約時間にご来院いただくようお願いしています。

短時間で、無駄なく安全な診察を行います
短時間で治療が終わる患者さまがおいでになる予約時間にそなえて、患者さまのカルテを見ながら器具や薬剤にいたるまで入念な治療の準備を行い、なるべく短時間で的確かつ無駄のない安全な診察をスタッフ一同心がけております。

お仕事がお忙しく、歯科に長時間通院することが難しい患者さま、長時間の診療で身体が疲れることを心配されている患者さま、歯医者の長時間の治療が不安なお子さまも、どうぞ安心してご来院ください。

治療時間は基本15分です
治療時間は基本15分です。ただし、患者さまの症状を第一に考え、虫歯の多い場合などは治療内容によって30分、45分と時間を長く取って、じっくり治療を行います。

患者さまの症状によって、ご相談をふまえながら臨機応変に質の高い治療に専念させていただきます。

【当院の理念5】メンテナンスが重要だと考えています

メンテナンス歯周病や虫歯も、発症前の潜伏期やごく初期に発見すれば予防処置が行えます。当院では、お口の健康を維持し、再発を予防するには、治療後のメンテナンス(定期検診)が重要だと考えています。

歯周病予防ためのメンテナンス
歯周病は、歯垢(プラーク)がたまることで歯周ポケット(歯と歯ぐきの溝)に細菌が感染し、局所的あるいは全身的危険因子が加わって発症する、炎症性疾患です。

当院では、患者さまの歯周疾患のリスクを個々に判定し、歯ぐきのチェックをはじめ、その程度に応じた内容と、間隔でメンテナンスを行っております。

歯周病の細菌数は除菌治療により減少しますが、正しい歯ブラシ法を習ってもしだいに忘れてしまって、汚れを落とせていない場合があります。そんな要因から細菌が少しずつ増え続け、治療後約3~4ヶ月で元の状態に戻りやすいともいわれています。

メンテナンスを定期的に受けた人と、受けていない人では、歯周病の再発率が10倍以上も違うという研究データもあるほどです。また、自覚症状が出た時点ですでに症状が進んでおり、痛んでからでは治療回数がかさんでしまいます。

歯周病は、お口の中だけでなく、糖尿病や動脈硬化など全身の病気の原因となったり、それらの症状を悪化させたりするともいわれています。ですので、歯周病の定期検診を行うことは、全身の健康管理の上でも大切なのです。

インプラントのメンテナンス
PTMCインプラントの場合も、歯周病と同じ細菌により、インプラント周囲炎を発症することがあります。定期検診では、これらの予防のため、

●痛くない快適なプロフェッショナルトゥースクリーニング(PTC)
●刷掃指導(TBI)

を行います。

当院は、身近なかかりつけの歯科医院として、患者さまに寄り添い、美しく健康的な歯並びを長期にわたってお守りしていきたいと考えています。

【当院の理念6】デジタルレントゲンを採用し、身体への負担をやわらげています

デジタルレントゲン当院では、放射線量の少ない「デジタルレントゲンシステム」を採用しています。従来の1/2~1/4のごく微量なエックス線量で写すことができ、身体への負担をやわらげた、身体にやさしいレントゲンです。

デジタルレントゲンは、画像を現像する必要がありませんので、患者さまをお待たせすることなく、鮮明な撮影画像をすぐお見せできるメリットもあります。

放射線を透過させない防護エプロン、レントゲン室でさらに安心
レントゲン写真を撮影する際は、鉛の入った防護エプロンを装着していただきます。

鉛はレントゲン撮影によるエックス線を透過させませんので、放射線による臓器の被曝はほとんど起こりません。

歯科治療において行うレントゲン撮影で胎児に影響を及ぼす可能性は、限りなくゼロに近いものです。妊娠されている方やお子さまでも安心して撮影できます。

防護エプロンに加えて、レントゲン室の壁やドアの中には鉛が使用されており、外部に放射線が漏れないように設計されています。室内設備についてもどうぞご安心ください。

不必要なレントゲン撮影は行いません
当院では、不必要なレントゲン撮影は行わないよう、日頃から心がけております。しかしながら最善の治療のため、患者さまにおかれましては、以下の内容をご理解いただけますことをお願い申し上げます。

・歯科で使用するレントゲンは、お口全体が撮影できる大きい写真(パノラマ撮影法)も、口の中に入れて撮影する小さい写真も、ヒトが自然界で1年間に受ける被曝量のおよそ400~1000分の1と極微量であり、安全性にご心配はいりません。

・レントゲン撮影を避けて、的確な診断ができない方が問題は多いと思われます。レントゲンから得る情報は、最善の治療のために必要不可欠なものです。

・被曝量を減らすため、防護エプロンを使用することで、肺、胃、腸、精巣、卵巣など放射線に過敏な部位への被爆は、ほぼゼロにすることができます。

以上、患者さまのご理解とご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

カテゴリー一覧

【審美歯科】【インプラント】カウンセリングをおこなっています

カウンセリング
外観
〒573-1118
大阪府枚方市楠葉並木2-22-1 樟葉ビル5F
(1階がジョーシンです。)
電車
京阪電車樟葉駅より徒歩10分
バス(樟葉駅よりバス利用)
京阪バス「朝日バス停」下車 南へすぐ
国道1号 出屋敷南の信号をくずは方面へ
淀川沿い旧1号線くずはゴルフ場前信号を
くずは方面へ 楠葉中央付近
午前 9:30~13:00 × ×
午後 14:30~19:00 × × ×
  • 土曜日は午前のみの診療となります。
  • 休診日:木・日・祝
  • 当院は予約制を取っておりますが急な痛み等でお困りの方は、随時受け付けております。
    ご連絡の上お越し下さい。

トップへ » 当院が選ばれる理由


コールバック予約


TOPへ