トップへ » 当院が選ばれる理由 » 顎関節症・歯ぎしり » 顎関節症・歯ぎしり・口渇(口腔乾燥症)・東洋医学的アプローチ

顎関節症・歯ぎしり・口渇(口腔乾燥症)・東洋医学的アプローチ

東洋医学的アプローチ

顎関節症・歯ぎしり
口を開けるときに顎が痛む、音がする、口が開けにくいなどの症状はございますか?
これらの症状は顎関節症と呼ばれています。また睡眠中の歯ぎしり・くいしばりなどは、頭痛や肩こりの原因
にもなり、歯そのものにもダメージを与える恐れがあります。

主な原因となり得るもの:
・頬杖など顎に影響を与える悪い癖、姿勢の悪さなど
・噛み合わせの不整合
・精神的なストレス、自立神経失調症など心理的なもの
・外的要因(環境の変化や外傷など)

上記のように、要因としては先天的なものに限らず、普段の生活や精神的・心理的な面からも広く影響を受ける可能性があるため、注意が必要です。

当院では、症状を引き起こしやすい生活習慣の改善や、自宅でできる運動なども指導しております。状況によってはマウスピースを適用するなどして、多角的に症状の緩和を図ります。

東洋医学的アプローチとは?
舌を観察すること(舌診)で体調を把握したり、姿勢や顔のゆがみの原因となる悪習慣を見直すことで歯周病などの治療に役立てたりしています。
症状によっては漢方薬を処方することも可能です。

歯科東洋医学療法は、インプラントや小手術の外科処置後、あご関節症や口渇(口腔乾燥症)などの治療にも
使われています。なかでも漢方薬は口渇、舌痛症、口内炎など原因不明の症状の改善に効果を発揮することで、スポーツ選手やアスリートからも信頼を寄せられています。

例えば「口内炎」と「舌痛症」は、どちらも現代のストレス病と言われており、西洋医学では、これらの症状には精神安定剤を飲み続けるしかなく、しかも副作用があります。しかし、漢方薬はそれらの症状にもよく効き、副作用もほとんどありません。

東洋医学的アプローチの治療
1.口臭や、口渇の場合には、まず、歯周病に対する治療を行います。
 歯石を順次お取りして、お口の中を清潔な状況にします。
2.舌を観察すること(舌診)で全身の状態を把握したり、姿勢や顔のゆがみの原因となる悪習慣を治す
 ことで、歯周病や口臭、口渇の治療に役立てたりします。

全身状態の改善を図るため、漢方薬の処方もしております。
(上記症状に健康保険が適用されるものがあります)。
また、口臭、口渇を抑えるさまざまなグッズもご用意しており、ご希望により、サプリメントもご用意しております。

どうぞお気軽にご相談ください。

東洋医学的アプローチ(口臭等)


トップへ » 当院が選ばれる理由 » 顎関節症・歯ぎしり » 顎関節症・歯ぎしり・口渇(口腔乾燥症)・東洋医学的アプローチ


コールバック予約


TOPへ