トップへ » 当院が選ばれる理由 » 【当院の理念3】歯の神経を大切にします

【当院の理念3】歯の神経を大切にします

歯の神経当院では、歯の神経をなるべく取らずに、残す方針で治療に行なっています。なぜなら、それが歯の寿命を延ばすからです。

もちろん、ひどい痛みがある場合は別ですが、歯の神経を取ってしまうと、

●歯をかなり削らなければなりません。
●歯への栄養の供給が行われなくなるのでだんだん歯がもろくなり、歯の寿命は短くなります。
●神経を取って痛みを感じなくなると、次に虫歯になったときに虫歯の悪化がわからなくなってしまいます。

以上のような理由から、歯科治療の際は、できるだけ歯の神経を残すように治療を行なうのが望ましいのです。

当院ではぎりぎりの症状の場合でも、できる限り歯の神経を残すよう努力します
虫歯が神経と接する深いところまですでに達していると、歯の柔らかくなっている部分を取り除いただけで、神経が露出してしまう場合があります。

そこまで悪化すると神経を残せる確率もかなり下がってしまうのですが、当院では、そんなぎりぎりの症状の場合でも、できる限り歯の神経を残すよう努力し、患者さまお一人お一人に見合った最善の治療法で対応いたします。


トップへ » 当院が選ばれる理由 » 【当院の理念3】歯の神経を大切にします


コールバック予約


TOPへ