トップへ » 当院が選ばれる理由 » 小児歯科・小児矯正 » 小児矯正 / 床矯正(しょうきょうせい)

小児矯正 / 床矯正(しょうきょうせい)

小児矯正歯科における矯正とは、悪い歯並びをきれいに治す治療のこと。「床矯正」は、発育途中にある子供の「あごの骨」を正常に発育させ、歯を抜かずに自然に美しい歯列にするための矯正治療です。

床矯正のメリット
●小学生以上のお子さまから治療が可能です。
●矯正中でも装置の取り外しが可能なので、お口の中を清掃しやすく清潔に保てます。
●お子さまの正しい成長を促すためにお子さまの顎(あご)の正常な成長を促します。

床矯正のデメリット
●お子さまが矯正装置を、毎日きちんと使えるかどうかが重要です。装置を使わなかったり、装着時間が短いと、思うような結果が得られませんのでご注意ください。
●永久歯にすべてはえかわった後に、状況によっては、全体の矯正をする必要がでてくることがあります。

床矯正 治療の流れ
●ステップ1 初診・カウンセリング
患者さまのお口の中を拝見させていただき、歯並びなどの問題点をチェックします。次に治療に対するご要望などについてうかがい、選択できる治療方法をご説明します。

次へ
●ステップ2 基本検査
お口の中を診察して、レントゲン写真を撮影し、噛み合わせ診査、その他お口の中の問題点を診査などを行います。

次へ
●ステップ3 診断説明・お口の中の型取り
検査結果を分析し、治療に使う矯正装置・治療方法・治療期間・注意事項などについてご説明します。その後、実際に床矯正を行う場合は、お口の中の型取りを行います。

次へ
●ステップ4 治療開始
虫歯や抜歯などの必要がある場合は先に治療します。床矯正装置をセットし、装置の取り扱い方法などについて詳しく説明します。

次へ
●ステップ5 治療後のメンテナンス
矯正装置装着後は、使用する装置や歯並びの状態によって1~2ヵ月に1度、通院していただき、調節などのメンテナンスを行います。

小児矯正治療の料金はこちら

小児歯科・小児矯正


トップへ » 当院が選ばれる理由 » 小児歯科・小児矯正 » 小児矯正 / 床矯正(しょうきょうせい)


コールバック予約


TOPへ